2010年02月17日

Medical Design & Manufacturing West

会場:アナハイム・コンベンション・センター
日時:2010年2月9日〜11日
分野:医療/製薬系 業界機器

医療/医薬業界の企業がこぞって参加する代表的なコンベンションのヒトツ、
Medical Design & Manufacturing west に行ってきました。
medical_design_and_manufacturing_west_md_and_m_west-170x150.gif

コンベンションセンター全体を使った広い会場スペースと多くの参加者、
駐車場は午前中で既に満車、近所のディズニーランドの駐車場を借り、
バスで行き来するという盛況ぶり、期待の大きさが伺えます。


医療/製薬業界にまつわる企業が多数出展。精密医療機器製造会社から大きな特殊パッキング機器まで、多様な企業がところ狭しと出展。ブローシャーやエコバッグの配布、また定期的な企業のデモンストレーションと商談で会場は熱気に包まれていました。

MDM 01.JPG

MDM 02.JPG

MDM 03.JPG


ジェトロ・ロサンゼルス主導の日系企業8社が集合した
“JAPAN PAVILION at MD&M West”のブース群。
日本から来た各企業とも近い将来、米国マーケット進出を狙い出展。このコンベンションでの来場者反応を試金石とし、今後の展開を占う貴重な機会、との事。

MDM 04.JPG



JAPAN PAVILION に限らず、会場至るところに多数出展されていた日系企業。
既に米国にオフィスを持ち米国マーケットで展開している企業から、今回が初参加の日系企業など。バック・グラウンドは様々でも狙うところはただヒトツ、米国マーケットで日本の、自社の製品がどのように通用するかを試すこと。


効果的に現場でアプローチ/商談している企業もあれば、配布ブローシャーや看板など、こちら米国コンベンションのリアルな情報不足と不慣れな事から、
日本から持参した簡易的なカラープリントと看板だけで対応している企業まで、様々な様子が伺える。

お話をお伺いすると、経費節減の中での海外のコンベンション出展にも関わらず、「勝手が分からなくて。。。」という事から最大限のパフォーマンスを出せずに悔しい、というお声も拝聴しました。



我々のTradeshow.jp では、そのような初参加、米国コンベンションでの商慣習に不慣れ、またはリアルな現場の情報不足等にお困りの方へのサポートも強みのヒトツ。

事前調査から出展の準備、そして当日のサポートまで。また出展後の結果分析と調査、次のステップを見定めるフォローアップなど、米国進出の足がかりとなるアクションをお手伝いしている弊社は、
言語や時差の壁を取り去り、日米双方からお手伝いしております。



「勝手が分からなくて。。。」という言葉が出ない様に、
些細な事でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご質問は、Tradeshow.jp のお問い合わせ欄まで。
posted by YSAP at 11:24| Comment(0) | ニュース・情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。